じゅうたんのダニ対策について考える

カーペットは暖かく防音性にもすぐれたものですから使い始めると手放せない魅力がありますが、如何せん繊維を素材にしているだけに新品のときには気分がよくても使っていくうちにゴミやほこりがたまりやすいのが弱点となります。これがまたダニの住処になる可能性も高いため、きちんとした対応が必要になります。なによりのじゅうたんのダニ対策は入念に吸引力の強い掃除機で定期的な掃除を励行することです。特にノズルの先に強力に回転するブラシをもった掃除機はその大きな効果を発揮し、ダニを追い出してくれるものですのでうまく利用することで絶大な掃除の成果があらわれるようです。やはり、最近話題の吸引力の落ちない掃除機で、しかもこのノズルブラシを装備したものは最強と言ってもいいようです。ウールの素材ではよく毛玉ができることがありますが、これを丹念に取り除くことでゴミも一緒にきれいに取り除くことができるのです。

こうした力のある掃除機ではちょっと掃除をしただけで毛玉を含めてゴミ箱一杯分ぐらいのくずを拾い上げる力があるようです。また端のほうにたまった細かな毛は掃除機だけでは取りにくい部分もありますので、それを補う形でローラーのゴミとりやハンドブラシなどでフォローしていくとじゅうたんを想像以上にクリーンな状態で保護していくことができるようです。ちなみに数年前にじゅうたんにダニが大量発生する問題が起きたときにわかったことですが、畳の上にじゅうたんを敷いて使うのはやはりダニの成育の温床になってしますので、できるだけ畳みの上に敷き詰めるのはやめたほうがいいようです。これを行わないだけで相当なリスク回避になるという調査結果もでてきています。ところでじゅうたんでダニが気になるというのであれば、そもそもじゅうたんの素材を選択するときに湿気がたまり難いナイロンやアクリルの素材のものを選択するという方法も残されています。また毛あしの短いものやループパイルを選ぶと、同様にかなりリスクを減らすことができます。ウールの素材を選択した場合には、特に換気をよくして湿気を充満させないことも重要で、十分に気を使ってあげれば天然素材はその努力にしっかりと応えて効果を発揮してくれるようになります。

やはりダニさえ発生しなければウールの天然素材のじゅうたんの感触は他のものにはかえられないものああります。管理は多少大変ではありますがうまく使ってクオリティの高い生活を送りたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*